1. ホーム
  2. お知らせ
  3. ニュースリリース
  4. 2013年
  5. この時期にスプリング・クリーニング(春の大掃除)がオススメ!
お知らせ

この時期にスプリング・クリーニング(春の大掃除)がオススメ!

2013年03月07日

みなさんは「スプリング・クリーニング」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。日本では年に一度の大掃除といえば「年末の大掃除」が慣習となっていますが、欧米などでは春から初夏にかけた「スプリング・クリーニング」、つまり「春の大掃除」が一般的です。真冬で気温が低いと汚れが落ちづらく、水を使ったり外に出ての掃除は体も冷えます。また外気温度が低いと窓を開けて換気をしながら気持よく掃除をすることができません。そのためこうした事情も踏まえて気持よく掃除するには日本でも春の「スプリング・クリーニング」がオススメであると言えます。
特に年末の大掃除では何かと忙しく、また掃除には寒い時期なだけに、手間がかかるエアコンや屋外に出なければ掃除ができない窓・網戸、ベランダの掃除はつい後回しにしてやり残していたりします。そこで、おそうじ本舗の「お掃除マスター」が、年末大掃除でやり残しがちな場所について、「スプリング・クリーニング」で綺麗にお掃除するプロの技をお教えいたします。

やり残しがちな場所とそのお掃除術

エアコン

大きく「フィルター」と「吹き出し口・ルーバー」の2箇所の掃除が必要です。
特にルーバーは奥まで手が届きにくいので、定規にタオルをまいてあげると綺麗に拭き上げられます。

窓・網戸

ガラスそうじは、汚れの具合が見えやすく湿気で汚れも落ちやすい「曇りの日」がオススメ!
網戸はまず、裏に新聞紙をセロハンテープで貼り掃除機でホコリを取ります。次に水で濡らしてゆるめに絞った雑巾2 枚で網戸を挟みながら拭きます。

ベランダ

ベランダは、非常に粒子が細かい黄砂や花粉などが舞い上がりやすい場所です。いきなり乾いたままではなく、「水分」をうまく使って掃除をすることがポイントです。硬く絞った雑巾で物干し竿→ベランダ手すり→室外機の順に高い所から水拭きし、次にバケツに水かぬるま湯を入れてそっと流していきます。

このように冬の間、連日稼働するエアコンなど、使用頻度の高い冬期と夏期の合間の春しかできない掃除場所もあるので、日差しの暖かい時期を使って「スプリング・クリーニング」を実践してみてください。

プロが教えるスプリング・クリーニングするべき3ポイント

エアコン

フィルターの掃除方法
フィルターを外す前に掃除機をかける
フィルターを外す前にフィルターの周りやエアコンのパネル部分に付いたホコリを掃除機で吸っておく事で、フィルターを外した時にホコリが降ってくるのを防ぐ事が出来ます。
外側からそっと掃除機をかける
ホコリはフィルターの外側に付いていますので外側から掃除機をかけましょう。内側から吸ってしまうと、ホコリが逆にフィルターの目に詰まってしまいます。
月に1回はお風呂場で水洗いして日陰干しする
フィルターの掃除方法 掃除機で吸うだけでは目に詰まった細かなホコリは完全には取れません。2回に1回は掃除機で吸った後、浴室でシャワーをかけて水洗いしましょう。その時ポイントは掃除機とは逆に裏側からシャワーをあてる事。外側から水圧をかけると逆に目詰まりしてしまいます。洗剤を使う場合は台所の中性洗剤を水で薄めた物を使い、柔らかいブラシを使えば、フィルターを傷めません。
吹き出し口とルーバーの掃除方法
コンセントを抜く(もしくはブレーカーを落とす)
ここから先はエアコンの内部を触るので、必ずエアコン室内機の横にあるコンセントを抜いてから作業して下さい。
※コンセントが無い場合は、ブレーカーを落とします。
ルーバーを手で回す
吹き出し口とルーバーの掃除方法 吹き出し口のルーバーを手で回します。ルーバーは手で動かしてキチンと閉まらなくても、電源を入れれば自動で元の位置に戻るので大丈夫です。
※軽く回して動かない機種は無理に作業しないでください。
中の拭き上げ
中の拭き上げ タオルに中性洗剤を薄めた物を染み込ませ指に巻いて中を拭いていきます。届かない場合は細長い定規のようなものにタオルを巻いて拭きましょう。洗剤を使った後はもう一度水でしぼって仕上げ拭きして下さい。また、中の方に見えるファンに付いている汚れは、プロが使う専門の器材と洗剤が無いと取れませんので触らないように注意しましょう。
電源を入れ送風運転
キレイになったらコンセントを差して電源を入れ送風運転をして完了です。この時汚れが残っていても運転中には決して触らないように注意して下さい。

窓・網戸

掃除機で乾いたホコリを吸い取る
網戸はまず、裏に新聞紙をセロハンテープで貼って掃除機をかけてホコリを取ります。
網戸を水拭きする
網戸を水拭きする次に水で濡らしてゆるめに絞った雑巾2枚で網戸を挟みながら拭きます。
窓拭き
泥や排気ガス汚れが多い外側は水拭き→洗剤拭き→水拭き→乾拭きを。油やヤニ汚れが多い内側は洗剤拭き→水拭き→乾拭きを。
サッシを掃除
サッシを掃除キッチンペーパーを巻きつけた竹串で隅にたまった汚れを掻き出します。その後、スポンジで仕上げ拭きをします。

ガラスそうじは曇りの日にしたほうが、汚れの具合が見えやすく、しかも湿気で汚れが落ちやすいのでおススメです。

おそうじの手順の基本は内→外ですが、窓だけは例外で外→内です。汚れの多い外を先におそうじした方が、汚れの状況がわかりやすく、また、黄砂や花粉が付着している外側を先にお掃除すれば、室内に入り込むのを最小限に抑えることができます。

ベランダ

高いところから水拭き
ベランダは、いきなりホウキで掃かないこと。乾いたまま掃くと、ホコリやゴミに混ざった花粉も拡散してしまいます。まずは、硬く絞った雑巾等で高い所からふきあげていきます。 物干し竿→ベランダ手すり→室外機の順です。
水を流す
水を流すその次にバケツに水かぬるま湯を入れてそっと流していきます。室外機がある場合は、ベランダの床を流した後そっと上からかけても大丈夫です。壊れるのでは?と思われるかもしれませんが、大丈夫です。元々室外機はかなりの勢いで雨がかかる事を想定して作られていますのでこれ位で壊れることはありません。むしろカバー等の網の部分に入り込んだ花粉を流してくれます。大きなゴミがある場合は手で拾うかホウキで集めて捨てましょう。
全体を乾いた雑巾で拭き上げる
最後にいらない雑巾等を使ってふきあげていきます。濡れているので花粉や細かいゴミ等は飛散しませんが、拭かずに流しっぱなしだと乾いた後、また一箇所に花粉等が固まって残ってしまう場合があります。黄砂も花粉も同じですが、非常に粒子が細かいので乾いた状態で不用意に巻上げる事のないよう、水分をうまく使って掃除をすることがポイントです。

お困りの方はお掃除のプロにご相談ください

それでも時間がなかなか取れない、プロのお掃除で一度しっかり綺麗にしたい方は、この機会に是非おそうじ本舗をご利用ください。
年末の繁忙期と違い、この時期だからこそご都合に合わせて依頼しやすいというメリットもあります。

また年末の大掃除では、ベランダや外壁など住居外観の掃除は寒くて手を付けられなかったという方も、このスプリング・クリーニングで思い切ってやってみてはいかがですか。
特にこの時期には、雨や雪で汚れてしまったベランダや玄関ポーチ、外壁など住居外観をお掃除する「ベランダ・外回り高圧洗浄クリーニング」がオススメです。「ベランダ・外回り高圧洗浄クリーニング」ではオリジナルの高圧洗浄機を使い高圧力で洗浄するため、ブラシなどが届かない細かい隙間や凹凸部分の洗浄もでき、排気ガス汚れ・土ぼこり・苔・カビなどもご家庭でブラシでこするよりも早く綺麗に落とせます。

お問い合わせ、お見積りは無料です。是非お気軽にお問い合わせください。

ハウスクリーニング
エアコンのお掃除
キッチンのお掃除
水まわりのお掃除
お部屋まわりのお掃除
パックサービス
その他のお掃除
店舗・オフィスクリーニング
天井取付型エアコンクリーニング
フロアクリーニング
カーペットクリーニング
ガラス・サッシクリーニング
蛍光灯クリーニング
清掃事例