超簡単にできるクーラー掃除の基本・手順と専門業者に頼むメリット | エアコンのお掃除 | おそうじ本舗の暮らしのガイド | ハウスクリーニングのおそうじ本舗

おそうじ本舗の暮らしのガイド

超簡単にできるクーラー掃除の基本・手順と専門業者に頼むメリット

クーラーのお掃除を自分でやるのは難しい……と諦めている人は少なくありません。いざお掃除をしようと思っても、どこから手を付けたらいいか分からずに頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。

ハウスクリーニングの業者でない限り、クーラーをお掃除するために何を準備して、どのような手順で行ったら良いのか分からないのも当然です。そこで、定期的なお手入れでいつでも清潔さを保てるクーラー掃除のコツをご紹介いたします。

クーラー掃除

クーラー掃除

クーラーのお掃除を自分でやるのは難しい……と諦めている人は少なくありません。いざお掃除をしようと思っても、どこから手を付けたらいいか分からずに頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。

ハウスクリーニングの業者でもない限り、クーラーをお掃除するために何を準備して、どのような手順で行ったら良いのか分からないのも当然です。そこで、定期的なお手入れでいつでもキレイな状態を保てるクーラー掃除のコツをご紹介いたします。

クーラー掃除をするのに必要な道具

クーラーのお掃除を始める前に、まずは必要な道具の準備を済ませておきましょう。お掃除を始めてからあれこれ取りに行っていては、時間ばかりかかってしまいます。クーラー掃除をスムーズに終わらせるためにも、事前の準備が大切です。

①掃除機

掃除機はパネルを開けたときや、フィルターのホコリを取る際に使います。お掃除が終わった後で、周辺に飛んだホコリを吸い取るのにも便利です。

②雑巾やタオル

クーラーまわりやルーバーなどを拭くために雑巾やタオルを使用しますが、汚れが酷い場合は使い捨てできるようなものを使うと良いでしょう。

③中性洗剤

フィルターの汚れを取るためには、薄めた中性洗剤が役に立ちます。

④使い古しの歯ブラシ

使い古しの歯ブラシや掃除用のブラシがあれば、目に見える範囲の汚れやフィルターの目詰まりもある程度落とすことができます。ただし、あまりにも歯ブラシの毛先がボサボサだと汚れが落ちにくいので、毛先が揃ったものを使いましょう。

これらは多くのご家庭にあるものばかりなので、クーラー掃除をしたいと思ったときにいつでも取りかかることができますね。

ご家庭でできる簡単なクーラー掃除の手順

①クーラーのパネルを開け、表面のホコリを掃除機で吸い取る

まず、やっておきたいのがクーラーパネル内部の掃除機がけです。特にフィルター部分は空気の通り道であるため、ホコリが詰まりやすい箇所です。

パネル内部に溜まっているホコリは、しっかり吸い取りましょう。本体の上部に隙間があるタイプは、こまめにホコリを吸い取っておくことが、キレイな状態をキープするポイントになってきます。

②フィルターを取り出し使い古しの歯ブラシなどを使い、水洗いして干す

フィルターは簡単に外れる構造のものが多く、力を入れなくても取り外せるケースがほとんどです。フィルターを外したら、表面のホコリが取れているかを確認しましょう。

その後、使い古しの歯ブラシなどを使って水洗いをします。キレイにした後は、干してしっかり乾かすことが大切です。

③クーラーの表面やルーバーの汚れは中性洗剤を含ませた雑巾で拭く

クーラーの表面やルーバーの汚れを落とすには、中性洗剤を薄めたものが効果的です。雑巾やタオルに薄めた中性洗剤を含ませて拭いていきます。ルーバー部分にはカビが付着していることもあるので、しっかりチェックしながらお掃除していきましょう。

クーラー掃除の頻度は?

クーラー掃除

ご家庭によってクーラーの種類や使用頻度は異なるため、必要な掃除頻度も変わってきます。基本的には、取扱説明書に記載されているペースでお掃除を行いましょう。

一般的なメーカーでは、目安として月2~4回を推奨しています。面倒に思われがちなクーラー掃除ですが、半月に1回か週に1回程度なら自分でもできるという人も多いのではないでしょうか。

お掃除の頻度が分からないと悩んでいる人は、使っているクーラーの取扱説明書を確認してみましょう。ただし、取扱説明書に記載されているお掃除の頻度は、あくまでも目安にすぎません。以下のような場合は、一般的なケースよりも頻繁にお掃除した方が良いでしょう。

①クーラーを使う頻度が特に多い

使用頻度が高ければ、汚れも溜まりやすくなります。

②キッチンの近くにクーラーを設置している

料理で使う油や食べ物のニオイが付きやすくなってしまうので、こまめなお掃除が必要です。

③家族に喫煙者がいる

タバコのニオイがクーラーに付きやすくなってしまいます。

家族に喘息、アレルギー体質(ハウスダストなど)の人がいると、ホコリやカビによる体調不良が心配になりますよね。

しかし、毎日クーラー掃除をするのは現実的とはいえず、もし行ったとしても内部にホコリが溜まったり、カビが発生するリスクは少なからずあります。喘息やアレルギー体質の家族がいるご家庭でも、2週間に1回程度お掃除をすれば十分な場合が多いです。

クーラーの内部洗浄はプロに依頼するのがオススメ

ご家庭のクーラーは、お掃除して見た目がキレイになっていても、内部は汚れが蓄積されたままの場合がほとんどです。なんとか自分で内部洗浄をしようと試みる方もいますが、専門知識や技術の無い人が行うのは危険です。

また、十分に汚れが落ち切らないことが多く、せっかくお掃除したのに汚れやニオイが残ったまま……ということにもなりかねません。「外して洗うだけだから簡単」と甘く見ていると、手順や方法を間違えて故障の原因になってしまいます。

これらのリスクを回避するためにも、クーラーの内部洗浄はプロに依頼するのがオススメです。専門業者であれば、クーラーの内部を確実に洗浄できます。

クーラー掃除

さらに、高圧洗浄機や専用洗剤を使ってスピーディーに仕上げていくので、短時間ですっきりキレイな状態にしてくれます。市販のクリーナーを使って内部洗浄をする人もいますが、プロに任せた方がキレイに仕上がるだけでなく、手間もかかりません。

「専門業者は費用が高いのでは?」と心配される方もいるのではないでしょうか。内部洗浄を含むクーラー掃除の一般的な価格は、約1万~2万円です。自分で掃除・洗浄する苦労やリスクを考えれば、適正な価格と言えます。

普段は自分でできる範囲のお手入れを行い、大掃除などのタイミングで専門業者にしっかりお掃除をしてもらうなど、上手に使い分けましょう。プロにしっかり汚れやニオイを取ってもらうことで、クーラーの効率が良くなるなど、多くのメリットを実感できます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
年末大掃除の早割キャンペーン!

お掃除のプロが徹底的に分解洗浄!

おそうじ本舗ならプロの技術と専用機材による分解洗浄で、ご家庭ではできないエアコン内部のアルミフィンやフィルターをすみずみまでクリーニングいたします。エアコン内部の見えない汚れやニオイが気になる方は是非一度ご相談ください。
ガイドプロフィール
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド紹介
おそうじ本舗の商品​・​サービス開発​責任者​で、国家資格ハウスクリーニング技能士​。​おそうじ本舗チェーン一の情報通で、毎年お掃除に関する多くの取材や講習をこなす。現在、「お掃除のプロ」として、様々なテレビ情報番組に出演中。
専門分野
ハウスクリーニング全般。専門家としての技術や知識を活かしつつ、「誰でもラクしてキレイに」をモットーに、家にあるモノでできる簡単なコツに落とし込んで紹介しています。
くらしスタイル研究所
くらしスタイル研究所

新着記事一覧

  • エアコン掃除が簡単にできる! 効率的な方法と道具をプロが解説
    自分ができる範囲でエアコンの掃除をしてみたい! そんな方のために、プロのノウハウを踏まえたご家庭で簡単にできるエアコンのお掃除方法をご紹介いたします。エアコンは夏は冷房、冬は暖房と1年を通して何かと出番が多い家電です。定期的にお掃除することを心がけて、キレイな状態を保ちましょう!
  • 電子レンジの汚れを重曹と食品用ラップで落とす掃除方法
    毎日のように使う電子レンジは、普段ドアを閉めているので内部の汚れに目が届きにくく、お掃除を後回しにする人も多いのではないでしょうか? いつも使うものだからこそ、安心してキレイに使いたいですよね。そこで、重曹や食品ラップなど、身近なもので電子レンジの頑固な汚れを簡単に落とす掃除方法をご紹介いたします。
  • 面倒な洗濯機掃除が簡単に! 汚れがごっそり取れる洗い方のコツ
    汚れた洗濯物をキレイにする洗濯機は、中を覗くと一見キレイに見えますが、洗濯槽の裏側に汚れがビッシリ付いている場合があります。そこで、実は汚れやすい洗濯機を簡単にお掃除できる方法をご紹介いたします。
  • 速攻キレイ♪ 窓のサッシ・網戸掃除に役立つ意外なアイテムとは?
    窓のサッシや網戸のお掃除は、汚れが溜まっていると知っていても後回しにしがちです。普段、窓はキレイに拭いていても、サッシや網戸が汚れたままだと、窓まわりが美しく見えません。サッシや網戸のお掃除は一見面倒に思えますが、プロの技を応用すれば身近なアイテムで素早くキレイにすることができます。
  • ハウスクリーニングのプロが教える年末大掃除のコツ~換気扇編~
    年末の大掃除はいつも面倒ですが、特に大変なのは換気扇のお掃除ではないでしょうか。油汚れでベタベタの換気扇で年を越すのは嫌ですよね。そこで、ご家庭で換気扇をお掃除する場合のとっておきのアドバイスをご紹介いたします。
  • フローリングの美観が長持ち! ワックスがけのコツとメリット
    フローリングは、掃除機やフロアワイパーなどで簡単にお掃除することができ、住宅の床材として広く使用されています。でも、年数が経つにつれていつの間にか輝きを失い、くすんでしまったことはありませんか? そこで、フローリングの輝きを取り戻すワックスがけの方法や、メンテナンス方法をご紹介いたします。
  • 重曹を使って簡単キレイ! レンジフード・換気扇のお掃除
    レンジフード・換気扇の汚れは、頑固なうえにパーツも分かれていてお掃除が難しそう……とクリーニングを諦めていませんか? しかし、汚れが溜まったレンジフードは不衛生というだけでなく、様々な危険が潜んでいるのです。そこで、分解せずにご家庭で誰でも簡単にお掃除できる方法をご紹介いたします。
  • コンロの油汚れが激落ち! アルカリ電解水を使ったお掃除の方法
    毎日のように使うキッチンのコンロ。油や調味料、吹きこぼれなど、気が付けばすぐに汚れてしまいますよね。「黒くて目立たないから別にいいか……」と思って、五徳に付いた油汚れなどをついつい放っていませんか? そこで、コンロと周りの壁を簡単にお掃除する方法をご紹介いたします。
  • 電気ポットの汚れ・水アカをスッキリ落とすお掃除アイテム3選
    いつでもすぐにお湯を沸かして保温ができる電気ポットは、日々の生活で役立つ便利な家電です。でも、水しか使わないはずなのに、使っているうちに汚れてしまいます。ポットから出るお湯をキレイにしておくためにも、常に清潔な状態を保ちたいですよね。そこで、ご家庭で簡単にできるポットのメンテナンス方法をご紹介いたします。
  • お風呂の排水口は重曹とクエン酸を使って5分でスッキリお掃除
    お風呂掃除でできるなら避けて通りたい箇所といえば、排水口ではないでしょうか? 少しお掃除をサボったために、詰まって水が流れなくなるということもあります。排水口が詰まると、カビや雑菌が繁殖するなど、浴室のお掃除がさらに大変になってしまうという悪循環に……。排水口をキレイにお掃除して快適なバスライフを過ごしましょう。

目的別ガイド記事

キレイにしたい場所や目的別のガイド記事一覧です。

ガイド紹介
  • ハウスクリーニング商品開発
    尾崎真(おざき まこと)
  • 家事代行サービス技術アドバイザー
    永井美鈴(ながい みすず)
  • 暮らしのガイド
  • 暮らしのガイド
  • おそうじ本舗の節電プログラム
  • 節電&省エネ対策
  • お掃除百科事典
  • ご利用前に動画でチェック
  • ハウスクリーニングギフトカード
  • おそうじ体操
  • おそうじ本舗チャンネル
  • フランチャイズ加盟店募集
  • 法人のお客様へ

年末大掃除の早割キャンペーン!

年末大掃除の早割キャンペーン!

お見積りカートに進む 0