1. ホーム
  2. 季節のオススメ
  3. 2015年度
  4. 洗濯機の「臭い」「カビ」「雑菌」対策×予防
季節のオススメ

洗濯機の「臭い」「カビ」「雑菌」対策×予防

2015年08月18日

洗濯機の「臭い」「カビ」「雑菌」対策×予防

カビの発生しやすい温度は20~30℃と言われ、夏から秋はカビや雑菌にとって天国! 洗濯槽の裏には洗剤カスや汚れが栄養源となって発生するヌメリや雑菌、カビがこびりついています。それら洗濯槽の汚れの層が厚くなると、使用時に剥がれ落ち黒っぽいワカメのような汚れとなって発生します。そんな洗濯槽の対策と予防を大特集!

なぜカビ・雑菌は洗濯機を好むの?

洗濯機はカビ・雑菌が好む湿気・湿度・エサとなる汚れが多く、生きていくのに最高の条件が揃っている場所です。

エサがある 湿気がある 泥汚れ 風通しが悪い 湿度がある

カビの発生しやすい温度は20~30℃と言われ、夏から秋はカビや雑菌にとって天国! 洗濯槽の裏には洗剤カスや汚れが栄養源となって発生するヌメリや雑菌、カビがこびりついています。それら洗濯槽の汚れの層が厚くなると、使用時に剥がれ落ち黒っぽいワカメのような汚れとなって発生します。そんな洗濯槽の対策と予防を大特集!

洗濯槽の裏側はこんなに汚い!

洗濯機はカビ・雑菌が好む湿気・湿度・エサとなる汚れが多く、生きていくのに最高の条件が揃っている場所です。

Before→After

洗濯機を分解してみると、こんな所もこんなに汚れが!!

ついてしまったカビはプロの技で対策を!

おそうじ本舗はプロの技で洗濯槽を分解し、まるごと徹底洗浄。
洗濯機本体・内部・洗濯パンもしっかりお掃除します。

分解洗浄 洗濯槽クリーニング

おそうじの詳細はこちら

ご利用前に動画でCHECK!!

普段からできるカビ・雑菌予防

対策で一番重要な事はカビ・雑菌を繁殖させないこと! 繁殖の条件である湿度と湿気に気をつけて防ぎましょう。

エサをなくす

カビは生きているので、洗濯のときに溶け残った石鹸や洗剤、服に付いたままの食べ残し、泥汚れなどはカビや雑菌にとって生きていくのに必要なエサになります。食べ残しはできるだけ事前に取り除いてからお洗濯をしましょう。

洗濯槽をカゴにしない

洗濯槽を洗濯かご代わりに使用していませんか? 一見キレイに見えても、汚れや汗などで雑菌だらけの衣服と、ハンドタオルやバスタオルなど湿ったものと一緒に風通しの良くない場所に溜め込めば、カビが繁殖してしまいます。洗濯カゴは別に用意しましょう。

使用後は蓋を開ける

洗濯が終わったあとの洗濯槽に残る湿気はカビの繁殖する条件が揃っています。使い終わったら蓋を開けて湿度を逃し、内部を乾燥させるようにしましょう。

定期的に洗濯槽を掃除

上記の予防を心がけていても、使い続けていれば汚れはたまってしまうもの。定期的なおそうじが重要です。市販の洗濯機クリーナーでは落ちない汚れは、プロにお願いしてしまいましょう。

洗濯槽クリーニングのお見積りはこちら

ハウスクリーニング
エアコンのお掃除
キッチンのお掃除
水まわりのお掃除
お部屋まわりのお掃除
パックサービス
その他のお掃除
店舗・オフィスクリーニング
天井取付型エアコンクリーニング
フロアクリーニング
カーペットクリーニング
ガラス・サッシクリーニング
蛍光灯クリーニング
清掃事例