汚部屋をきれいな部屋に生まれ変わらせる基本的なポイント | お部屋の掃除 | おそうじ本舗の暮らしのガイドはおそうじ本舗にお任せください

おそうじ本舗の暮らしのガイド

汚部屋をきれいな部屋に生まれ変わらせる基本的なポイント

汚い部屋のデメリットとは?

虫などの増殖

部屋が汚いと、害虫が発生する恐れがあります。代表的なものとしては、ゴキブリやハエです。他にもネズミなども寄って来ます。衛生状態も良いとは決して言えませんよね。これらの害虫をエサにする虫なども寄ってきます。部屋が汚いと、これらの招かざる者たちと同居しなければならないリスクを負うことになります。

健康被害

汚い部屋にはホコリが溜まり、ダニが増殖したりカビが発生しやすくなります。これらは喘息やアレルギーの原因になる可能性があります。また、カビが生えた室内で暮らすことは健康にも良くありませんよね。

部屋が汚く、干していない布団には、ダニやホコリなどが多く溜まっています。寝ている間にこれらが触れることで、肌が荒れたりアレルギーを起こしたり、不快な症状が出て来る場合もありますので、注意が必要です。

マスク

キレイな部屋にするための正しい掃除手順

不要な物を処分する

家の中に物が多すぎると片付くものも片付きませんので、物を減らすところから始めます。いつか使うかも、と思って取っておいた物で溢れかえっている状況をなんとかすることができます。まず、絶対に使うもの、使うかもしれないけど捨てるのに迷うもの、今後使う予定の無いものに仕分けをします。

使う予定の無いものはどんどん処分します。捨てるのに迷うものは、なぜ迷っているのかを考えましょう。好みに合わないものは、どんなに良いものであったとしても、この先使うことはありません。捨てるのに気が引ける場合は、「売る」という選択肢も視野に入れましょう。

捨てることを迷う原因は何でしょうか? 買ったときに高かったから、思い出の品だから、頂き物だから捨てられないなど、人により事情は様々でしょう。しかし、躊躇していてもこの先使う予定が無いのであれば、捨てた方が良いです。使わない物に空間も時間も支配されてしまうからです。

不要な物を処分

掃除は上から、奥から

掃除を行う鉄則は「上から、奥から」です。ホコリは上から下に落ちてきます。下を掃除した後で上を掃除すると、またホコリが落ちてきて下を掃除しなければなりません。先に高いところを掃除して、低いところで終わるようにしましょう。

掃除の手間を省くためには、部屋の奥から手前に向かって掃除をしていくことがコツです。奥にあるゴミを部屋の外に向かって掃き出していくイメージです。特にワックスがけをするときは、奥から手前に向かって行わないと、ワックスが乾くまで部屋から出られなくなってしまいますので、気をつけましょう。

部屋の掃除で用意しておきたいもの

ゴミ袋

掃除をする前に出たゴミを分別して捨てていくので、市区町村のゴミの分別に応じてゴミ袋をなるべくたくさん用意しておきます。要らない、これから使う予定は無いと判断したものは、とにかくゴミ袋にどんどん捨てていきます。持っている物の数を減らしていくのが狙いです。

ビニール紐・ハサミ

読み終えた本や雑誌、古新聞、パンフレットなどの印刷物やダイレクトメールなどの配布物、いつか使うかもと思って取っておいた空き箱や段ボール箱などは潰した状態にしてそれぞれ分類し、ビニール紐で縛ります。ビニール紐を切るのに必要なハサミも用意しましょう。

掃除機

片付けながら掃除機をかけていきます。しばらく使っていなかった物は、ホコリを被っていることも多く、その中で片付けの作業をするとアレルギー症状が出る可能性もあります。掃除機を使うときは、換気を良くしてこまめに掃除機をかけるようにしましょう。

雑巾・モップなどの道具

必要に応じてモップがけや雑巾がけをしていきます。収納してあった物を出した後は、ホコリが積もっていることがあるので、まずそのホコリを吸わないようにモップや雑巾で掃除をしてから、整理・分類を行い、必要な物を収納していきます。

収納の仕方も大切です。よく使う物は取り出しやすいところに置きます。逆に季節ものでその季節にしか使わないものは、奥に仕舞うようにします。物の置き場所を決めることで、片付けがしやすくなります。

掃除機

汚部屋から卒業するための対策

ホコリ対策

家具などに溜まるホコリは、静電気が原因です。そのため、ホコリを取り除くには静電気を抑えることが必須です。ホコリ掃除の簡単な方法をご紹介します。用意するものは、フローリング掃除用のドライタイプのシート、雑巾数枚、バケツ、衣料用の柔軟剤かリンスです。水1リットルに対して5mlの柔軟剤かリンスを混ぜます。柔軟剤やリンスには静電気を防止する成分が入っているので、家具などの表面に軽いコーティング効果があり、ホコリが付きにくくなります。まず、ドライタイプのシートで表面のホコリを拭きます。柔軟剤を溶かした水に雑巾を浸し、固く絞ってから水拭きします。仕上げは、乾いたタオルか雑巾で乾拭きします。表面がツルツルしていることを、手で触って確認してください。

ベタつく汚れの対策

キッチンの床は、調理中の油が飛んで固まってしまい、ベタベタすることがあります。キッチン用の洗浄剤も売っていますが、キッチンで洗浄剤を使うことに抵抗がある人は、重曹を使うのがオススメです。

重曹は、油汚れに大変効果があります。用意するものは、重曹とバケツと雑巾です。1リットルのぬるま湯に大さじ2杯の重曹を入れた重曹水を作ります。べたつく汚れがあるところを重曹水で拭いた後、水拭きをして最後に乾拭きをします。

ハウスクリーニングサービスを使うのも選択肢の1つ

自分で落とせない汚れがある、自分で掃除するのは難しい、掃除はしたいけれど時間が取れないという場合は、ハウスクリーニングサービスを利用する方法もあります。プロに年に1回でも頼んで汚れを完全にリセットすることで、普段のお手入れは格段に楽になります。その結果、労力や無駄な洗剤が必要なくなり、経済的という考え方もできます。おそうじ本舗では、エアコン、水回り、キッチンなど、ピンポイントで箇所を指定して頼むこともできますし、複数の掃除をまとめてパックにしたサービスなど、様々なサービスメニューをご用意しています。

ハウスクリーニングサービス

キレイな部屋を維持する方法

物の置き場所や定位置を決める

すっきり片付いた部屋にするためには、物の定位置を決めることが大事です。その位置で何をするのか、その場所には何があると便利なのかを考えます。そこに置ける容量は決まっているので、容量をはみ出さないように置く物を決めていきます。定位置に置くことで、必要なときにさっと取り出すことができるので、探す時間を減らせます。

物を増やさない

すっきりした暮らしを続けるためには、物を増やさないことが大切です。本当に必要になるまで買わない、買い物に行く回数を減らす(インターネット通販で購入する回数も含めて)、買った物をどんな風に使ったのか、きちんと使い切れたのかを検証するなど、家に入ってくる物の管理をしっかり行うようにします。

こまめな掃除を心がける

汚れは溜めてしまうと、落としにくくなります。汚れが付いたときにすぐ取れば、それほど大きな労力は必要ありません。最近はウエットシートタイプの、使い捨てお掃除クロスも良く売っていますね。そういったお手軽お掃除グッズをすぐ手近に置いておき、気付いたときにこまめに掃除をするようにしましょう。何かをしながらの「ながら掃除」もオススメです。

ガイドプロフィール
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド紹介
おそうじ本舗の商品​・​サービス開発​責任者​で、国家資格ハウスクリーニング技能士​。​おそうじ本舗チェーン一の情報通で、毎年お掃除に関する多くの取材や講習をこなす。現在、「お掃除のプロ」として、様々なテレビ情報番組に出演中。
専門分野
ハウスクリーニング全般。専門家としての技術や知識を活かしつつ、「誰でもラクしてキレイに」をモットーに、家にあるモノでできる簡単なコツに落とし込んで紹介しています。

なかなか取れない汚れにお困りなら

ご家庭ではなかなか取れないガンコな汚れはお掃除のプロにお任せください! ハウスクリーニングを通じて、おそうじ本舗がお客様の快適で健やかな生活をお手伝いします。

新着記事一覧

  • 大掃除に役立つ裏ワザ
    普段は手の付けられないところも、徹底的にキレイにしたい! でも、年末は何かとやることが多くて時間が足りない。そんなあなたに、知っていれば大掃除が10倍はかどる、お掃除の時短裏ワザをご紹介します。
  • 毎日使う洗面台! ピカピカにお掃除する方法
    一日の始まりと終わりを気持ち良く過ごすためにも、朝起きてすぐ、そして寝る直前に使う洗面台は、キレイであって欲しいですよね。 しかし、洗面台は鏡に白い斑点汚れができてしまったり、洗面ボウルに黒いカビが付いてしまったりと、汚れが目立ちやすい場所。 これらの汚れはどうやったら落とすことができるのでしょうか?
  • ご家庭でできるエアコン掃除の方法
    ご家庭で出来る範囲のエアコンの掃除方法をご紹介します。
  • 家族の健康と家計を助けるエアコンクリーニング
    エアコン内にカビやホコリ、ゴミなどが溜まると嫌なニオイが発生したり、健康面で影響が出てしまう可能性があります。特にお子さんや高齢者がいる家庭では、注意が必要です。対策としては、こまめな掃除とプロのエアコンクリーニングが必要となってきます。
  • 恐怖! エアコンからゴキブリが出てくる謎
    虫がエアコンの中に入ってしまう仕組みや、エアコンの中に入れないようにする「ドレンホース防虫キャップ」について解説し、誰もが経験したくない恐怖体験を未然に防ぐ方法をご紹介します。
  • フローリングクリーニングとワックスがけの極意
    フローリングをキレイに保つには、日々の掃除だけでなくワックスがけも重要です。今回は、フローリング掃除の手順やワックスを選ぶポイント、ワックスがけをするタイミングなど、フローリングクリーニングとワックスがけの極意をご紹介いたします。
  • 窓ガラスがピカピカになるオススメの掃除方法
    生活の様々なシーンで開けることがある窓ガラスは、常にピカピカにしておきたい箇所ですね。今回は手間をかけずに窓ガラスをキレイにする方法をご紹介いたします。
  • 汚部屋をきれいな部屋に生まれ変わらせる基本的なポイント
    掃除が苦手で部屋が汚くて困っている方に、部屋の掃除の正しい手順、キレイな部屋を維持する方法など、基本的なポイントをご紹介いたします。
  • 年末までにしておきたい大掃除のコツ
    ハウスクリーニングのプロならではの視点で、年末大掃除に関する様々なコツをご紹介いたします。過ぎようとする一年に感謝しながら、次にやってくる新しい年が良い一年になるように願いながら大掃除をしたいですね。
  • 大掃除や洗濯に大活躍! 頑固な汚れも落とすセスキ炭酸ソーダ
    大掃除に役立つセスキ炭酸ソーダについて、お掃除のプロがその特徴やメリット、使い方、使用上の注意点をアドバイスいたします。

目的別ガイド記事

キレイにしたい場所や目的別のガイド記事一覧です。

ガイド紹介
  • ハウスクリーニング商品開発
    尾崎真(おざき まこと)
  • 家事代行サービス技術アドバイザー
    永井美鈴(ながい みすず)
  • 暮らしのガイド
  • おそうじ本舗の節電プログラム
  • 節電&省エネ対策
  • お掃除百科事典
  • ご利用前に動画でチェック
  • ハウスクリーニングギフトカード
  • おそうじ体操
  • フランチャイズ加盟店募集
  • 法人のお客様へ
お見積カートに進む 0