汚部屋をキレイに生まれ変わらせるお掃除の手順と清潔に保つ方法 | お部屋のお掃除 | おそうじ本舗の暮らしのガイド | ハウスクリーニングのおそうじ本舗

おそうじ本舗の暮らしのガイド

汚部屋をキレイに生まれ変わらせるお掃除の手順と清潔に保つ方法

汚い部屋のデメリットとは?

虫などの増殖

部屋が汚いと、害虫が発生する恐れがあります。代表的なものとしては、ゴキブリやハエです。他にもネズミなども寄って来ます。衛生状態も決して良いとは言えませんよね。また、これらの害虫をエサにする虫なども寄ってきます。部屋が汚いと、これらの招かざる者たちと同居しなければならないリスクを負うことになります。

健康被害

汚い部屋にはホコリが溜まり、ダニが増殖したりカビが発生しやすくなります。これらは喘息やアレルギーの原因になる可能性があります。また、カビが生えた室内で暮らすことは、健康にも良くありませんよね。

部屋が汚く、干していない布団には、ダニやホコリなどが多く溜まっています。寝ている間にこれらが触れることで、肌が荒れたりアレルギーを起こしたり、不快な症状が出て来る場合もありますので、注意が必要です。

マスク

キレイな部屋にするための正しいお掃除手順

不要な物を処分する

家の中に物が多すぎると片付くものも片付きませんので、物を減らすところから始めます。いつか使うかも、と思って取っておいた物で溢れかえっている状況をなんとかすることができます。まず、絶対に使うもの、使うかもしれないけど捨てるのに迷うもの、今後使う予定の無いものに仕分けをします。

使う予定の無いものは、どんどん処分します。捨てるのに迷うものは、なぜ迷っているのかを考えましょう。好みに合わないものは、どんなに良いものであったとしても、この先使うことはありません。捨てるのに気が引ける場合は、「売る」という選択肢も視野に入れましょう。

捨てることを迷う原因は何でしょうか? 買ったときに高かったから、思い出の品だから、頂き物だから捨てられないなど、人により事情は様々でしょう。しかし、躊躇していてもこの先使う予定が無いのであれば、捨てた方が良いです。使わない物に空間も時間も支配されてしまうからです。

不要な物を処分

お掃除は上から、奥から

お掃除を行う際の鉄則は「上から、奥から」です。ホコリは上から下に落ちてきます。下をお掃除してから上をキレイにしようとすると、ホコリが落ちてきて再度下をお掃除しなければなりません。先に高いところから始めて、低いところで終わるようにしましょう。

手間を省くためには、部屋の奥から手前に向かってお掃除をしていくことがコツです。奥にあるゴミを部屋の外に向かって掃き出していくイメージです。特にワックスがけをするときは、奥から手前に向かって行わないと、ワックスが乾くまで部屋から出られなくなってしまいますので、気を付けましょう。

部屋のお掃除で用意しておきたいもの

ゴミ袋

お掃除をする前に出たゴミを分別して捨てていくので、市区町村のゴミの分別に応じてゴミ袋を多く用意しておきます。要らない、これから使う予定は無いと判断したものは、とにかくゴミ袋にどんどん捨てていきます。持っている物の数を減らしていくのが狙いです。

ビニール紐・ハサミ

読み終えた本や雑誌、古新聞、パンフレットなどの印刷物やダイレクトメールなどの配布物、いつか使うかもと思って取っておいた空き箱や段ボール箱などは、潰した状態にしてそれぞれ分類し、ビニール紐で縛ります。ビニール紐を切るのに必要なハサミも用意しましょう。

掃除機

片付けながら掃除機をかけていきます。しばらく使っていなかった物は、ホコリを被っていることも多く、その中で片付けの作業をするとアレルギー症状が出る可能性もあります。掃除機を使うときは、換気を良くしてこまめに掃除機をかけるようにしましょう。

雑巾・モップなどの道具

必要に応じてモップがけや雑巾がけをしていきます。収納してあった物を出した後は、ホコリが積もっていることがあるので、まずそのホコリを吸わないようにモップや雑巾でお掃除してから、整理・分類を行い、必要な物を収納していきます。

収納の仕方も大切です。よく使う物は取り出しやすいところに置きます。逆に季節ものでその季節にしか使わないものは、奥に仕舞うようにします。物の置き場所を決めることで、片付けがしやすくなります。

掃除機

汚部屋から卒業するための対策

ホコリ対策

家具などに溜まるホコリは、静電気が原因です。そのため、ホコリを取り除くには静電気を抑えることが必須です。ホコリ掃除の簡単な方法をご紹介します。用意するものは、フローリング掃除用のドライタイプのシート、雑巾数枚、バケツ、衣料用の柔軟剤かリンスです。

水1リットルに対して5mlの柔軟剤かリンスを混ぜます。柔軟剤やリンスには静電気を防止する成分が入っているので、拭いた箇所の表面には軽いコーティング効果が生まれ、ホコリが付きにくくなります。

手順としては、まずドライタイプのシートで表面のホコリを拭きます。その後、柔軟剤を溶かした水に雑巾を浸し、固く絞ってから水拭きします。仕上げは、乾いたタオルか雑巾で乾拭きします。表面がツルツルしていることを、手で触って確認してください。

ベタつく汚れの対策

キッチンの床は、調理中の油が飛んで固まってしまい、ベタベタすることがあります。キッチン用の洗浄剤もありますが、キッチンで洗浄剤を使いたくない人には、重曹がオススメです。

重曹は、油汚れに大変効果があります。用意するものは、重曹とバケツと雑巾です。1リットルのぬるま湯に大さじ2杯の重曹を入れた重曹水を作ります。べたつく汚れがあるところを重曹水で拭いた後、水拭きをして最後に乾拭きをします。

ハウスクリーニングサービスを使うのも選択肢の1つ

自分で落とせない汚れがある、自分でお掃除するのは難しい、したいけど時間が取れないという場合は、ハウスクリーニングサービスを利用する方法もあります。プロに頼んで汚れを完全にリセットすることで、普段のお手入れは格段にラクになります。その結果、労力や無駄な洗剤が必要なくなり、経済的という考え方もできます。おそうじ本舗では、エアコン、水まわり、キッチンなど、ピンポイントで箇所を指定して頼むこともできますし、複数のお掃除をまとめてパックにしたサービスなど、様々なサービスメニューをご用意しています。

ハウスクリーニングサービス

キレイな部屋を維持する方法

物の置き場所や定位置を決める

すっきり片付いた部屋にするためには、物の定位置を決めることが大事です。その位置で何をするのか、その場所には何があると便利なのかを考えます。そこに置ける容量は決まっているので、容量をはみ出さないように置く物を決めていきます。定位置に置くことで、必要なときにさっと取り出すことができるので、探す時間を減らせます。

物を増やさない

すっきりした暮らしを続けるためには、物を増やさないことが大切です。本当に必要になるまで買わない、買い物に行く回数を減らす(インターネット通販で購入する回数も含めて)、買った物をどんな風に使ったのか、きちんと使い切れたのかを検証するなど、家に入ってくる物の管理をしっかり行うようにします。

こまめなお掃除を心がける

汚れは溜めてしまうと、落としにくくなります。汚れが付いたときにすぐ取れば、それほど大きな労力は必要ありません。最近はウエットシートタイプの、使い捨てお掃除クロスも良く売っていますね。そういったお手軽お掃除グッズをすぐ手近に置いておき、気付いたときにこまめにお掃除をするようにしましょう。何かをしながらの「ながら掃除」もオススメです。

部屋

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
年末大掃除の早割キャンペーン!

なかなか取れない汚れにお困りなら

ご家庭ではなかなか取れないガンコな汚れはお掃除のプロにお任せください! ハウスクリーニングを通じて、おそうじ本舗がお客様の快適で健やかな生活をお手伝いします。
ガイドプロフィール
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド紹介
おそうじ本舗の商品​・​サービス開発​責任者​で、国家資格ハウスクリーニング技能士​。​おそうじ本舗チェーン一の情報通で、毎年お掃除に関する多くの取材や講習をこなす。現在、「お掃除のプロ」として、様々なテレビ情報番組に出演中。
専門分野
ハウスクリーニング全般。専門家としての技術や知識を活かしつつ、「誰でもラクしてキレイに」をモットーに、家にあるモノでできる簡単なコツに落とし込んで紹介しています。
くらしスタイル研究所
くらしスタイル研究所

新着記事一覧

  • カビが発生する要因は「栄養」「水分」「温度」あと1つは?
    カビは悪臭を放ったり景観を悪くするだけでなく、人体に悪影響を与えることがあります。単にカビが発生しただけと考えていると、病気になってしまう場合もあります。カビの種類や原因などをしっかり理解して対策をきちんと行い、健康的な生活を送りましょう。
  • お風呂掃除に便利! 重曹とクエン酸を使ってピカピカに
    1日の汗や汚れを洗い流し、心身共にリフレッシュするお風呂は、いつも清潔に保ちたいですよね。今回ご紹介するのは、重曹とクエン酸を使ったお風呂のお掃除方法です。重曹とクエン酸を使ったお風呂掃除を始めましょう!
  • エアコン掃除が簡単にできる! 効率的な方法と道具をプロが解説
    自分ができる範囲でエアコンの掃除をしてみたい! そんな方のために、プロのノウハウを踏まえたご家庭で簡単にできるエアコンのお掃除方法をご紹介いたします。エアコンは夏は冷房、冬は暖房と1年を通して何かと出番が多い家電です。定期的にお掃除することを心がけて、キレイな状態を保ちましょう!
  • 電子レンジの汚れを重曹と食品用ラップで落とす掃除方法
    毎日のように使う電子レンジは、普段ドアを閉めているので内部の汚れに目が届きにくく、お掃除を後回しにする人も多いのではないでしょうか? いつも使うものだからこそ、安心してキレイに使いたいですよね。そこで、重曹や食品ラップなど、身近なもので電子レンジの頑固な汚れを簡単に落とす掃除方法をご紹介いたします。
  • 面倒な洗濯機掃除が簡単に! 汚れがごっそり取れる洗い方のコツ
    汚れた洗濯物をキレイにする洗濯機は、中を覗くと一見キレイに見えますが、洗濯槽の裏側に汚れがビッシリ付いている場合があります。そこで、実は汚れやすい洗濯機を簡単にお掃除できる方法をご紹介いたします。
  • 速攻キレイ♪ 窓のサッシ・網戸掃除に役立つ意外なアイテムとは?
    窓のサッシや網戸のお掃除は、汚れが溜まっていると知っていても後回しにしがちです。普段、窓はキレイに拭いていても、サッシや網戸が汚れたままだと、窓まわりが美しく見えません。サッシや網戸のお掃除は一見面倒に思えますが、プロの技を応用すれば身近なアイテムで素早くキレイにすることができます。
  • ハウスクリーニングのプロが教える年末大掃除のコツ~換気扇編~
    年末の大掃除はいつも面倒ですが、特に大変なのは換気扇のお掃除ではないでしょうか。油汚れでベタベタの換気扇で年を越すのは嫌ですよね。そこで、ご家庭で換気扇をお掃除する場合のとっておきのアドバイスをご紹介いたします。
  • フローリングの美観が長持ち! ワックスがけのコツとメリット
    フローリングは、掃除機やフロアワイパーなどで簡単にお掃除することができ、住宅の床材として広く使用されています。でも、年数が経つにつれていつの間にか輝きを失い、くすんでしまったことはありませんか? そこで、フローリングの輝きを取り戻すワックスがけの方法や、メンテナンス方法をご紹介いたします。
  • 重曹を使って簡単キレイ! レンジフード・換気扇のお掃除
    レンジフード・換気扇の汚れは、頑固なうえにパーツも分かれていてお掃除が難しそう……とクリーニングを諦めていませんか? しかし、汚れが溜まったレンジフードは不衛生というだけでなく、様々な危険が潜んでいるのです。そこで、分解せずにご家庭で誰でも簡単にお掃除できる方法をご紹介いたします。
  • コンロの油汚れが激落ち! アルカリ電解水を使ったお掃除の方法
    毎日のように使うキッチンのコンロ。油や調味料、吹きこぼれなど、気が付けばすぐに汚れてしまいますよね。「黒くて目立たないから別にいいか……」と思って、五徳に付いた油汚れなどをついつい放っていませんか? そこで、コンロと周りの壁を簡単にお掃除する方法をご紹介いたします。

目的別ガイド記事

キレイにしたい場所や目的別のガイド記事一覧です。

ガイド紹介
  • ハウスクリーニング商品開発
    尾崎真(おざき まこと)
  • 家事代行サービス技術アドバイザー
    永井美鈴(ながい みすず)
  • 暮らしのガイド
  • 暮らしのガイド
  • 年末大掃除のコツ
  • おそうじ本舗の節電プログラム
  • 節電&省エネ対策
  • お掃除百科事典
  • ご利用前に動画でチェック
  • ハウスクリーニングギフトカード
  • おそうじ体操
  • フランチャイズ加盟店募集
  • 法人のお客様へ

年末大掃除の早割キャンペーン!

年末大掃除の早割キャンペーン!

お見積りカートに進む 0