窓ガラスがピカピカになるおすすめ掃除方法 | お掃除雑学 | おそうじ本舗の暮らしのガイドはおそうじ本舗にお任せください

おそうじ本舗の暮らしのガイド

窓ガラスがピカピカになるおすすめ掃除方法

ガラスが汚れる原因は?

窓ガラスは、部屋の中でも最も人目につきやすい場所です。窓ガラスが汚れる原因は、内側と外側にそれぞれあります。内側は、手垢、タバコのヤニ、ホコリ、台所の油汚れなどです。窓ガラスは、換気をするときや部屋を涼しくしたいときなど、生活の様々なシーンで開けることがありますが、その際にガラスを触ってしまうと手の跡が付きます。

また、子どものいる家庭では子どもが汚れた手で触ることで、汚れが付着してしまうこともあります。タバコを吸う人がいる家庭では、タバコに含まれるヤニが少しずつ付着して、それが固まってしまい、それが接着剤代わりになって汚れの原因になります。

部屋をこまめに掃除しても、取りきれないホコリがありますし、掃除機をかけることでホコリを撒き散らしていることもあります。台所で油を使って調理をすると、油が霧状になって室内を舞います。我々プロは「油煙」という言い方もしますが、それが窓ガラスに付着して固まると、こびりついて取れなくなります。

外側は、自動車の排気ガス、土、砂、花粉などです。車の排気ガスは目に見えない噴霧状で空気中に漂っています。それが飛んで来て窓に付いてしまうのです。土や砂は、風が吹けば飛んで来るので、毎日窓ガラスに汚れが付きます。

外の汚れの原因は、汚れた網戸に付いた砂や土の影響もあります。花粉は種類も様々なものがありますし、広範囲に飛ぶものもあるので、近くに花粉の元になるものが無くても飛んで来て、付着していることがあります。

窓ガラス

手間をかけずにできる窓ガラスの掃除方法

新聞紙を使用する方法

非常に手軽で簡単に窓掃除が行えるおすすめの方法です。新聞紙を水で濡らして窓の外側を拭きます。拭いたところが乾ききらないうちに、今度は乾いた新聞紙を使って外側を乾拭きします。内側も同じように濡れた新聞紙を使って拭いた後、乾いた新聞紙で乾拭きします。

新聞紙を使用するメリット

使うものが新聞紙だけなので、準備が簡単です。使う材料は新聞紙と水だけです。古新聞が道具になりますので、エコな方法です。新聞紙のインクにはツヤ出しの効果もあります。また、くもりを防止したり、汚れが付きにくくなる効果もあります。

新聞紙

半乾きの雑巾やタオルを使用する方法

使うものは、普通のタオルまたは雑巾です。タオルの半分を水で濡らして固く絞ります。残りの半分の乾いた部分と合わせて、もう一度固く絞ります。これで拭くだけです。半乾きの湿り気で、ガラスを濡らさずに汚れだけ落とすことができます。拭いた跡も残らないところが、半乾きの状態で拭くメリットです。

洗い・すすぎ・脱水

3ステップでできる掃除方法です。用意するものは、洗いとすすぎ用に使い古しのタオル、脱水用にマイクロファイバークロス、ガラスクリーナー(もしくは台所用中性洗剤)です。

・洗剤拭き
窓に直接スプレーすると、液だれして跡が残るので、水で濡らしたタオルにまんべんなくスプレーして拭きます。

・水拭き
乾くと汚れがこびりついてしまうので、1枚ずつ仕上げるのがポイント。水で濡らしたタオルで洗剤を取っていきます。タオルが汚れたら、こまめにきれいな面に変えて拭きます。

・乾拭き
マイクロファイバークロスは、毛羽立ちがなく繊維が細かいため、仕上げにぴったりです。ガラスに残っている水分を、窓の縁からコの字型に拭いていきます。ムラを無くすために、一度拭いたところを半分ずらして拭いていくときれいに仕上がります。

スクイージー(ガラスワイパー)を使用する方法

スクイージーを使用すると、短時間できれいになります。軽い汚れは水かぬるま湯で落とし、汚れが酷いときは中性洗剤を100倍に薄めたものを、窓全体にスプレーします。スクイージーを上から下へ、左から右へ向かって使います。左の窓枠から右の窓枠まで1列にスクイージーをかけたら、次の段も同様にして下までかけていきます。

スクイージー

その他のおすすめ道具

・スクイージー(ガラスワイパー)
ホームセンターなどでよく売られていますが、幅25cmくらいの拭き幅が狭いものがおすすめです。この方が、全体に力が均等にかかり、拭き残しをしにくいからです。

ガラス枠のゴム部分を掃除する方法

冬は窓ガラスに結露が発生しがちですよね。結露は、温かい室内の空気が冷たい窓ガラスに触れたことによって発生します。結露は窓枠のパッキンにカビが付く原因にもなりますので、できるだけ発生させず、発生したら素早く取り除くようにしましょう。

冷たい空気より温かい空気の方が水分を多く含むので、外と室内の温度差が大きいと結露が発生しやすくなります。暖房の設定温度は、低めにしましょう。暖房器具は、エアコンや床暖房など、水蒸気を発生させないものを選ぶか、石油ストーブやガスストーブも可能なら室外排気のものを選びます。

洗濯物を室内干しすると部屋の湿度が上がるので、その場合は加湿器を使いすぎないことも大切です。冬場は外の湿度が低いことが多いので、室内の換気をこまめに行いましょう。家の中の湿った空気を外に出し、外の乾いた空気を家の中に入れるようにします。

2箇所の窓を開けると、空気の出入りがスムーズになります。寒いのでなかなか換気を行いにくい時期かもしれませんが、空気の入れ換えは健康を保つためにも必要ですので、一定の時間毎に行うようにしましょう。

スクイージー

ガラス枠のゴム部分は、結露が溜まりやすい場所なので、カビになりやすく黒くなってしまいがちです。結露をこまめに取り除き、歯ブラシに掃除用の洗剤やクリームクレンザーなどを付けて、こまめに掃除を行いましょう。

結露が原因でカビが発生してしまったときは、酷くならないうちにゴムパッキン用のジェル状カビ取り材を使うと効果的です。ゴムパッキンの部分に直接塗ります。15分~30分ほどそのまま放置して、その後水拭きをします。

キッチンペーパーを3つに切り、細長くなるように丸めてそこにカビ取り材を染み込ませ、気になる部分に置いて上からラップをかけてパックする方法も、同様に効果的です。パックが終わったらキッチンペーパーを取り除き、水拭きをします。カビ取り剤は、アルミの枠や窓の木枠・フローリング等に垂れてしまうとシミや焼けの原因になるので、パッキン以外の所に垂れないように十分注意してくださいね。

ガイドプロフィール
ガイド
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド紹介
おそうじ本舗の商品​・​サービス開発​責任者​で、国家資格ハウスクリーニング技能士​。​おそうじ本舗チェーン一の情報通で、毎年お掃除に関する多くの取材や講習をこなす。 現在、「お掃除のプロ」として、さまざまなテレビ情報番組に出演中。
専門分野
ハウスクリーニング全般。専門家としての技術や知識を活かしつつ、「誰でもラクしてキレイに」をモットーに、家にあるモノで出来る簡単なコツに落とし込んで紹介しています。

お掃除の大変なサッシやレールの細かい汚れはプロにお任せ!

ガラスに付いた手アカやヤニ、砂ボコリから、結露によりできてしまったカビまで、プロの技で丁寧にお掃除いたします。ガラスの汚れが気になる方は是非一度ご相談ください。

新着記事一覧

目的別ガイド記事

キレイにしたい場所や目的別のガイド記事一覧です。

ガイド紹介
  • ハウスクリーニング商品開発
    尾崎真(おざき まこと)
  • 家事代行サービス技術アドバイザー
    永井美鈴(ながい みすず)
  • 暮らしのガイド
  • おそうじ本舗の節電プログラム
  • 節電&省エネ対策
  • お掃除百科事典
  • ご利用前に動画でチェック
  • ハウスクリーニングギフトカード
  • おそうじ体操
  • フランチャイズ加盟店募集
  • 法人のお客様へ
0