重曹で簡単キレイ! 電子レンジのお掃除方法 | キッチンの掃除 | おそうじ本舗の暮らしのガイドはおそうじ本舗にお任せください

おそうじ本舗の暮らしのガイド

重曹で簡単キレイ! 電子レンジのお掃除方法

毎日のように使う家庭もある電子レンジ。普段ドアを閉めていて内部の汚れには目が届きにくく、お掃除も後回しにしがちです。電子レンジの外側がキレイになっていても、

  1. 庫内の壁(特に天井)
  2. ターンテーブルの下
  3. 電子レンジ裏側の通気口

などには、意外と汚れが溜まっていることも多いようです。

電子レンジの内側は、温め過ぎた食品や液体が飛び散ったりして意外と汚れています。
このこぼれた液体を掃除せずに使い続けると、汚れが焦げ付き取れなくなってしまうことも。家族みんなが使うため、自分以外が汚してそのままになっているケースも多々あります。

しかし、電子レンジの汚れはそのまま溜め続けると、

  1. 電子レンジの機能に悪影響が出る
  2. 無駄な電気を消費してしまう
  3. 衛生的によくない、嫌なニオイがする
  4. 庫内の汚れが発火する

など多くの問題にも繋がります。いつも使うものだからこそ、安全に安心して使いたいですよね。今回は、頑固な汚れも簡単に落ちる、電子レンジのお掃除方法をご紹介します。

電子レンジの掃除で準備するもの

準備しなければならないグッズはたったの3つ。どれもご家庭にあるものなので、すぐにでもお掃除を始められますね!

重曹

汚れを落とすだけでなく、ニオイを取るのにも役立ちます。

電子レンジ対応の容器

水を張っておくために必要です。カップ1杯分ほどの水が入れば、どのようなものでも構いません。

古布

汚れを拭き取るために使います。頑固な汚れを落とすなら、捨ててもいい古布を用意してください。毎日のお手入れなら、普段使いの布巾で構いません。

頑固な汚れ用のお掃除グッズ

重曹では落としきれない頑固な汚れがあるときは、以下のグッズも使ってみましょう。

食器用中性洗剤

強力に汚れを落としてくれますので、どうしても汚れが落ちないとき、最終手段として使います。

キッチンペーパー

汚れを拭き取ったり、汚れを浮かせるために湿布をしたりする際に使用します。

※掃除前には必ず、お手持ちの「電子レンジの取り扱い説明書」を読んでください。機種によっては、ご紹介するお掃除方法が使えないこともありますので、十分確認してから行ってください。

電子レンジお手軽ラクラクお掃除方法

電子レンジをキレイにお掃除するポイントは、庫内の汚れを水蒸気でふやかすこと。
それでは、手順を紹介しましょう。

  1. 重曹水を耐熱容器に入れ、電子レンジで3~5分加熱します。
    重曹の量は、コップ1杯の水に重曹大さじ1杯が目安。水の沸騰とともに水蒸気が発生します。
  2. 加熱後、扉を開けずに20~30分放置します。
    電子レンジの内側が蒸されるような状態になり、汚れがふやけ、浮き上がります。時間が経ったら、耐熱ボウルを取り出します。このとき、容器が熱くなっていますので、火傷をしないように気を付けましょう。
  3. 電子レンジ内部の壁を濡れ布巾で拭き取ります。
    内部の壁を濡れ布巾で拭きます。このとき、先ほど加熱した重曹水を少し冷ましてから、布に含ませると油汚れがキレイに落ちます。時間があれば、外側の側面、裏側、そして電子レンジ下も拭き取りましょう。特に電子レンジをの下は、汚れが溜まりがちです。
  4. 最後に乾いたタオルで水分を拭き取って完成です。
    水分が残らないようしっかり拭き取らないと、カビの原因になります。

それでも落ちない頑固な汚れには……

重曹水でふやかす方法でも落ちない頑固な汚れは、中性洗剤を染みこませたキッチンペーパーを内部に貼り付け、汚れをふやかします。掃除をする前に、水をレンジでチンしておけば、庫内が温まり汚れが落ちやすくなります。

電子レンジが故障する原因になりますので、硬いタワシでこすったり、汚れを拭き取るときに力を入れ過ぎたりしないように注意しましょう。
汚れが全部取れなくても、繰り返し掃除していくうちにキレイになりますから、無理や焦りは禁物です。

電子レンジは使い終わるたび、もしくは一日の終わりに掃除する習慣を作りましょう。温かいうちに拭き取ってしまえば、汚れがこびりつくこともありません。こまめなお掃除を心がけて、毎日使う電子レンジをいつもキレイに保ちましょう。

ガイドプロフィール
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド紹介
おそうじ本舗の商品​・​サービス開発​責任者​で、国家資格ハウスクリーニング技能士​。​おそうじ本舗チェーン一の情報通で、毎年お掃除に関する多くの取材や講習をこなす。現在、「お掃除のプロ」として、様々なテレビ情報番組に出演中。
専門分野
ハウスクリーニング全般。専門家としての技術や知識を活かしつつ、「誰でもラクしてキレイに」をモットーに、家にあるモノでできる簡単なコツに落とし込んで紹介しています。

ご家庭では取れない頑固な汚れも徹底除去!

おそうじ本舗なら、コンロの焦げ付きやシンク・蛇口の水アカなどの頑固な汚れも丁寧に除去。上下吊戸棚や照明まで、キッチン一式ピカピカに仕上げます。キッチンの汚れが気になる方は是非一度ご相談ください。

新着記事一覧

  • 大掃除に役立つ裏ワザ
    普段は手の付けられないところも、徹底的にキレイにしたい! でも、年末は何かとやることが多くて時間が足りない。そんなあなたに、知っていれば大掃除が10倍はかどる、お掃除の時短裏ワザをご紹介します。
  • 毎日使う洗面台! ピカピカにお掃除する方法
    一日の始まりと終わりを気持ち良く過ごすためにも、朝起きてすぐ、そして寝る直前に使う洗面台は、キレイであって欲しいですよね。 しかし、洗面台は鏡に白い斑点汚れができてしまったり、洗面ボウルに黒いカビが付いてしまったりと、汚れが目立ちやすい場所。 これらの汚れはどうやったら落とすことができるのでしょうか?
  • ご家庭でできるエアコン掃除の方法
    ご家庭で出来る範囲のエアコンの掃除方法をご紹介します。
  • 家族の健康と家計を助けるエアコンクリーニング
    エアコン内にカビやホコリ、ゴミなどが溜まると嫌なニオイが発生したり、健康面で影響が出てしまう可能性があります。特にお子さんや高齢者がいる家庭では、注意が必要です。対策としては、こまめな掃除とプロのエアコンクリーニングが必要となってきます。
  • 恐怖! エアコンからゴキブリが出てくる謎
    虫がエアコンの中に入ってしまう仕組みや、エアコンの中に入れないようにする「ドレンホース防虫キャップ」について解説し、誰もが経験したくない恐怖体験を未然に防ぐ方法をご紹介します。
  • フローリングクリーニングとワックスがけの極意
    フローリングをキレイに保つには、日々の掃除だけでなくワックスがけも重要です。今回は、フローリング掃除の手順やワックスを選ぶポイント、ワックスがけをするタイミングなど、フローリングクリーニングとワックスがけの極意をご紹介いたします。
  • 窓ガラスがピカピカになるオススメの掃除方法
    生活の様々なシーンで開けることがある窓ガラスは、常にピカピカにしておきたい箇所ですね。今回は手間をかけずに窓ガラスをキレイにする方法をご紹介いたします。
  • 汚部屋をきれいな部屋に生まれ変わらせる基本的なポイント
    掃除が苦手で部屋が汚くて困っている方に、部屋の掃除の正しい手順、キレイな部屋を維持する方法など、基本的なポイントをご紹介いたします。
  • 年末までにしておきたい大掃除のコツ
    ハウスクリーニングのプロならではの視点で、年末大掃除に関する様々なコツをご紹介いたします。過ぎようとする一年に感謝しながら、次にやってくる新しい年が良い一年になるように願いながら大掃除をしたいですね。
  • 大掃除や洗濯に大活躍! 頑固な汚れも落とすセスキ炭酸ソーダ
    大掃除に役立つセスキ炭酸ソーダについて、お掃除のプロがその特徴やメリット、使い方、使用上の注意点をアドバイスいたします。

目的別ガイド記事

キレイにしたい場所や目的別のガイド記事一覧です。

ガイド紹介
  • ハウスクリーニング商品開発
    尾崎真(おざき まこと)
  • 家事代行サービス技術アドバイザー
    永井美鈴(ながい みすず)
  • 暮らしのガイド
  • おそうじ本舗の節電プログラム
  • 節電&省エネ対策
  • お掃除百科事典
  • ご利用前に動画でチェック
  • ハウスクリーニングギフトカード
  • おそうじ体操
  • フランチャイズ加盟店募集
  • 法人のお客様へ
お見積カートに進む 0