キッチンシンクをお掃除! | キッチンの掃除 | おそうじ本舗の暮らしのガイドはおそうじ本舗にお任せください

おそうじ本舗の暮らしのガイド

キッチンシンクをお掃除!

キッチンのシンクは、ステンレス製が一般的です。汚れが落ちないご相談もステンレスが一番多いです。曇ってしまったりして、キッチンに立つたびにストレスに感じてしまう方も多いのではないでしょうか? 「ピカッ」としているシンクは気持ちいいですよね! そこで「どうして汚れが付くのか?」「どうすればキレイになるか?」に注目してお話したいと思います。

シンクはどうして汚れるの?

毎日キレイにお掃除をされる方も多いと思います。でも、乾くと白く曇ってしまったりしてしまうのではないでしょうか?

シンク内側はお掃除しても水滴が多く残っています。それを放置すると、やがてそれは水アカになってしまいます。こうした水アカが何層もできてしまうと、汚れが付着しやすい状態ができてしまうんですね! 一生懸命お掃除しても一回元から絶たないと戻ってしまうんですね。では、お家でできる効果的なお掃除は何でしょうか?

シンク掃除の基本は?

まず最も効果的なシンク掃除は、使用後の「毎日」掃除です。食器を洗うものとは別にスポンジ等を用意して、普段使いの食器用洗剤で全体を洗ってしまうのです。三角コーナーなどの備品まで全部洗うのが一番ですが、忙しいとなかなかそこまでできないですよね! 私もそうです。でも大切なのは、洗浄後に乾いたキレイな布巾などで水滴を残さないように拭いてしまうことなんです! そうすることで水滴が残らないので、水アカが付きにくくなりますよね!

ステンレス以外の素材のお掃除は?

シンク

ホウロウ製シンクもステンレスや人造大理石製と同じお掃除で問題ありません。ホーローの使用方法は「シンクに水を貯めて洗う」という考えで作られているので、少ない水量で洗う洗い方をしていると、食器が割れたり、傷が付きやすくなってしまいます。水アカ汚れ等も付きやすいので、他の素材より少し気を遣うかもしれません。

シンク掃除は、ここも頑張ろう!

シンク

お掃除してて見てみたくない部分。それは「排水口」。開けると臭かったり、ヌルヌルしていたり、できれば触れたくないですよね。

最初にお話しましたが、まめに洗っている場合は良いのですが、1週間~1ヶ月と、長い時間放っておいたら、目を背けたくなりますよね。またニオイも出てきます。夏場などは大変です。酷くならないうちに頑張ってお掃除しましょう!

その場合には、とりあえずハイターなどの台所用漂白剤の原液をかけておくと、分解されてヌルヌルはある程度取れます。泡スプレータイプの商品でも大丈夫です。10分ほど置いた後に水を流してよくすすぎ、それから取り外してお掃除すれば、ヌルヌル地獄に会わずに済みます(笑)。

排水口本体、三角コーナーや水きりカゴなどの油汚れ、ヘドロ汚れには、まずお湯等でスポンジを使って大まかな汚れを取ります。その後、細かい部分を古歯ブラシで擦り洗いします。重曹に少し水を足してペースト状にして、クレンザーのように使用すれば研磨力も上がります。それから、しっかり水ですすいでください。

また、よくあるゴム製の排水口の蓋は排水口内の水きりカゴのゴミ隠しに使われていますが、ぬめりや赤カビをキレイにしたいと思われる方も多いのではないでしょうか? これは外してお掃除しましょう! 同じく歯ブラシ等で細かく擦ればキレイになります。お湯を使うのがポイントです。ぜひお試しください!

ガイドプロフィール
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド紹介
おそうじ本舗の商品​・​サービス開発​責任者​で、国家資格ハウスクリーニング技能士​。​おそうじ本舗チェーン一の情報通で、毎年お掃除に関する多くの取材や講習をこなす。現在、「お掃除のプロ」として、様々なテレビ情報番組に出演中。
専門分野
ハウスクリーニング全般。専門家としての技術や知識を活かしつつ、「誰でもラクしてキレイに」をモットーに、家にあるモノでできる簡単なコツに落とし込んで紹介しています。

ご家庭では取れない頑固な汚れも徹底除去!

おそうじ本舗なら、コンロの焦げ付きやシンク・蛇口の水アカなどの頑固な汚れも丁寧に除去。上下吊戸棚や照明まで、キッチン一式ピカピカに仕上げます。キッチンの汚れが気になる方は是非一度ご相談ください。

新着記事一覧

  • 大掃除に役立つ裏ワザ
    普段は手の付けられないところも、徹底的にキレイにしたい! でも、年末は何かとやることが多くて時間が足りない。そんなあなたに、知っていれば大掃除が10倍はかどる、お掃除の時短裏ワザをご紹介します。
  • 毎日使う洗面台! ピカピカにお掃除する方法
    一日の始まりと終わりを気持ち良く過ごすためにも、朝起きてすぐ、そして寝る直前に使う洗面台は、キレイであって欲しいですよね。 しかし、洗面台は鏡に白い斑点汚れができてしまったり、洗面ボウルに黒いカビが付いてしまったりと、汚れが目立ちやすい場所。 これらの汚れはどうやったら落とすことができるのでしょうか?
  • ご家庭でできるエアコン掃除の方法
    ご家庭で出来る範囲のエアコンの掃除方法をご紹介します。
  • 家族の健康と家計を助けるエアコンクリーニング
    エアコン内にカビやホコリ、ゴミなどが溜まると嫌なニオイが発生したり、健康面で影響が出てしまう可能性があります。特にお子さんや高齢者がいる家庭では、注意が必要です。対策としては、こまめな掃除とプロのエアコンクリーニングが必要となってきます。
  • 恐怖! エアコンからゴキブリが出てくる謎
    虫がエアコンの中に入ってしまう仕組みや、エアコンの中に入れないようにする「ドレンホース防虫キャップ」について解説し、誰もが経験したくない恐怖体験を未然に防ぐ方法をご紹介します。
  • フローリングクリーニングとワックスがけの極意
    フローリングをキレイに保つには、日々の掃除だけでなくワックスがけも重要です。今回は、フローリング掃除の手順やワックスを選ぶポイント、ワックスがけをするタイミングなど、フローリングクリーニングとワックスがけの極意をご紹介いたします。
  • 窓ガラスがピカピカになるオススメの掃除方法
    生活の様々なシーンで開けることがある窓ガラスは、常にピカピカにしておきたい箇所ですね。今回は手間をかけずに窓ガラスをキレイにする方法をご紹介いたします。
  • 汚部屋をきれいな部屋に生まれ変わらせる基本的なポイント
    掃除が苦手で部屋が汚くて困っている方に、部屋の掃除の正しい手順、キレイな部屋を維持する方法など、基本的なポイントをご紹介いたします。
  • 年末までにしておきたい大掃除のコツ
    ハウスクリーニングのプロならではの視点で、年末大掃除に関する様々なコツをご紹介いたします。過ぎようとする一年に感謝しながら、次にやってくる新しい年が良い一年になるように願いながら大掃除をしたいですね。
  • 大掃除や洗濯に大活躍! 頑固な汚れも落とすセスキ炭酸ソーダ
    大掃除に役立つセスキ炭酸ソーダについて、お掃除のプロがその特徴やメリット、使い方、使用上の注意点をアドバイスいたします。

目的別ガイド記事

キレイにしたい場所や目的別のガイド記事一覧です。

ガイド紹介
  • ハウスクリーニング商品開発
    尾崎真(おざき まこと)
  • 家事代行サービス技術アドバイザー
    永井美鈴(ながい みすず)
  • 暮らしのガイド
  • おそうじ本舗の節電プログラム
  • 節電&省エネ対策
  • お掃除百科事典
  • ご利用前に動画でチェック
  • ハウスクリーニングギフトカード
  • おそうじ体操
  • フランチャイズ加盟店募集
  • 法人のお客様へ
お見積カートに進む 0