恐怖! エアコンからゴキブリが出てくる謎 | エアコンの掃除 | おそうじ本舗の暮らしのガイドはおそうじ本舗にお任せください

おそうじ本舗の暮らしのガイド

恐怖! エアコンからゴキブリが出てくる謎

皆さん、こんな経験ありませんか?

夏の夜、部屋で過ごしているときに何か気配を感じて「はっ!」と振り返る。すると、突然何の前触れもなく室内の壁にゴキブリが!!

「窓も開いていない」「キッチンからは遠い」。なのになぜ? 実はこのような場合、まず第一にエアコンを疑った方が良いです。理由は、エアコンの構造に関係しています。

ドレンホース

エアコンは特に夏場、「結露水」という水滴が内部で多く発生するので、それを外に出すために「ドレンホース」というホースで室内機と外と繋がっています。このドレンホースの場所がポイントで、多くの場合エアコンの室外機の下から出ていますが、このような場所は湿気も多くてジメジメしているため、ゴキブリだけでなく様々な昆虫の居場所になっています。

また、ドレンホースの穴はこうした昆虫の絶好の隠れ場になることもあり、習性で中に入っていくことがあります。

ドレンホース

ここからは、虫の立場になってみましょう。暗いトンネル(ドレンホース)の中を導かれるように一直線にどんどん進んでいくと、やがて明かりが見えてきました。なんだろうと思ってさらにどんどん進んでいくと、何やら機械の中に入り、大きなファンがぐるぐる回っています。

何か怖いのでとりあえず外に出てみようとすると、そこは部屋の中だった......。当然、部屋の中の人は「キャー!!」という感じです。

また、冬場の寒い時期にカメムシなどが冬眠する場所としても適しているため、ドレンホースの中が越冬場所になっていることもあります。春先にハウスクリーニングのプロが高圧洗浄機でエアコンを洗った際に、ドレンホースの先から虫が「どーっ!」と外に出てくることもあります。

虫側に罪はありませんが、一体どうしたらこれを防げるのでしょうか?

ズバリ、「ドレンホース防虫キャップ」というものがあります。

ドレンホース防虫キャップ

これは、ドレンホースの先に細かい網状になったキャップを取り付けて虫が入れないようにしつつ、結露水はきちんと外に流すというものです。「初めから付けておいてくれないの?」と思いますが、悲しいことにほとんどのエアコンには付いていません。設置業者もお客様に頼まれない限り、防虫キャップを付けることはあまり無いようです。

自分で付けることもできなくはないのですが、ドレンホースの中にはホコリやゴミが詰まっていることも少なくありません。これを解決せずにキャップだけ付けると、外に水が流れなくなってしまい、室内側に水漏れしてしまう原因にもなります。

おそうじ本舗では、エアコンクリーニングをご依頼いただいた際に、ご希望であれば防虫キャップをオプションで取り付けております。おそうじ本舗のエアコンクリーニングは、10リットル以上の水を使って高圧洗浄するので、ホースの中もキレイになり効果も絶大です!

本格的な夏に入る前に、誰もが経験したくない恐怖体験を未然に防ぎましょう!!

ガイドプロフィール
ガイド
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド紹介
おそうじ本舗の商品​・​サービス開発​責任者​で、国家資格ハウスクリーニング技能士​。​おそうじ本舗チェーン一の情報通で、毎年お掃除に関する多くの取材や講習をこなす。 現在、「お掃除のプロ」として、さまざまなテレビ情報番組に出演中。
専門分野
ハウスクリーニング全般。専門家としての技術や知識を活かしつつ、「誰でもラクしてキレイに」をモットーに、家にあるモノで出来る簡単なコツに落とし込んで紹介しています。

お掃除のプロが徹底的に分解洗浄!

おそうじ本舗ならプロの技術と専用機材による分解洗浄で、ご家庭ではできないエアコン内部のアルミフィンやフィルターをすみずみまでクリーニングいたします。エアコン内部の見えない汚れや臭いが気になる方は是非一度ご相談ください。

新着記事一覧

目的別ガイド記事

キレイにしたい場所や目的別のガイド記事一覧です。

ガイド紹介
  • ハウスクリーニング商品開発
    尾崎真(おざき まこと)
  • 家事代行サービス技術アドバイザー
    永井美鈴(ながい みすず)
  • 暮らしのガイド
  • おそうじ本舗の節電プログラム
  • 節電&省エネ対策
  • お掃除百科事典
  • ご利用前に動画でチェック
  • ハウスクリーニングギフトカード
  • おそうじ体操
  • フランチャイズ加盟店募集
  • 法人のお客様へ
0