エアコンにカビができる3つの原因と生えやすい場所ベスト3 | エアコンのお掃除 | おそうじ本舗の暮らしのガイド | ハウスクリーニングのおそうじ本舗

おそうじ本舗の暮らしのガイド

エアコンにカビができる3つの原因と生えやすい場所ベスト3

エアコンから嫌なニオイを感じることはありませんか? その際に吹き出し口をチェックすると、黒いポツポツとした斑点が……。実は、このポツポツはエアコンに生えたカビである可能性が高いです。

カビの菌が混じった風を浴びるのは誰だって嫌なものですよね。エアコンにカビが生える原因とキレイで清潔な空気を保つための予防方法を詳しくご説明いたします。

クーラーの吹き出し口

クーラーの吹き出し口

エアコンから嫌なニオイを感じることはありませんか? その際に吹き出し口をチェックすると、黒いポツポツとした斑点が……。実は、このポツポツはエアコンに生えたカビである可能性が高いです。

カビの菌が混じった風を浴びるのは誰だって嫌なものですよね。エアコンにカビが生える原因とキレイで清潔な空気を保つための予防方法を詳しくご説明いたします。

快適な室温、高い湿度、溜まったホコリや汚れがカビの原因

エアコンにカビが生えているのを見つけると、自分のお掃除が行き届いていなかったのかと落ち込んでしまう人もいるかもしれません。しかし、エアコンのカビは決して珍しいものではありません。その理由は、まずエアコンが設置されている部屋の環境にあります。

エアコンを多く使う季節は、気温の高い夏と気温の低い冬に集中しています。暑くて寝苦しい真夏の夜も、冷え込みの強い冬の朝もエアコンを使うことで快適な状態を保つことができます。

しかし、人が快適と感じる環境は、カビにとっても快適な環境と言えます。一般的にカビは5℃以上でも発生できますが、特に20~30℃になると発生率がグンとアップします。

中性洗剤に浸した布

さらに、カビは湿度が高い環境も好みます。夏場にエアコンの冷房運転をすると、熱交換器に結露が起き、内部が濡れて乾いた状態を保てません。つまり、湿度が高い状態になったエアコン内部は高温多湿で、カビが非常に発生しやすい場所になってしまうのです。

また、カビがゴミやホコリなどを栄養源としていることも、エアコンにカビができる原因の1つです。部屋にあるホコリや汚れの中からも多くのカビが検出されますが、その部屋の空気を吸い込んで運転しているエアコンにもホコリが溜まり、汚れているのです。

すると、発生したカビがこれらをエサにして大繁殖してしまいます。快適な室温、高い湿度、溜まったホコリや汚れという3つの条件が揃うエアコンは、カビが生えて当たり前と言っても過言ではありません。

カビが生えやすいエアコンの場所ベスト3とは?

エアコンにカビが生えていることは、意外と気付きにくいかもしれません。それは、エアコンの表面には内部と比べてカビがあまり生えないからです。カビが生えるのは、ドレンパン・ファン・風の吹き出し口であるフィンが多く、これらはカビが生えやすい場所ベスト3と言われています。

ドレンパンは、あまり聞き慣れない名前ですが、簡単に言うと結露によって発生した水の受け皿です。エアコン内部の熱交換器では、暖かい空気を冷却する際に水が出てきます。その水はホースを伝って屋外へ排出されますが、熱交換器とホースの間で水が溜まる場所がドレンパンです。

カビは、まずこのドレンパンで発生します。その後、冷やされた風とともに空気を送り出すファンへ移動してそこでもカビを発生させ、やがて私たちが見ることのできる吹き出し口のフィンへと到達します。

ここでようやく前述した黒いポツポツとなって発見されるのです。つまり、吹き出し口でカビを見つけた場合は、既にもっと奥のファンやドレンパンまでカビに汚染されている可能性が高いことになります。気付いたときにはエアコンの中はカビでいっぱい、ということもあり得るわけです。

ご家庭でできるカビの除去と予防方法

カビを見つけたら除去をする必要がありますが、ご家庭ではどのようなお掃除ができるのでしょうか。エアコンにカビが生えたら内部までしっかりキレイにしたくなりますが、エアコンの構造は複雑で、お掃除するには分解が必要な場所があります。

また、簡単なお掃除だけではカビを取りきることは不可能です。そのため、ご家庭でできるエアコンのカビ除去は、吹き出し口部分など目に見える部分のみになります。カビの除去というと塩素系のカビ取り剤を使いたくなる人も多いかもしれませんが、エアコンに付いた洗剤を水で流すことはできないため、やめておきましょう。

クーラー/エアコン

エアコンのカビ掃除には中性洗剤を使用します。最初にエアコンの電源を抜いたら、水で薄めた中性洗剤に浸した布を固く絞ってフィンのカビや汚れを拭きます。汚れが取れたら、今度は水拭きで洗剤を拭き取って終了です。このとき、洗剤の成分がフィンに残るとそれが汚れとなって新たなカビの原因になってしまいますので、しっかり拭き取るようにしましょう。

また、日常的にできるカビ予防として大切なのが、フィルターのお掃除です。フィルターに付いているホコリは、カビの大好物です。フィルターは簡単に取り外すことができるので、掃除機で吸ったり水洗いして付着しているホコリを落とし、カビの繁殖を防ぎましょう。

フィルターはお手入れしないまま放っておくと、ホコリがびっしり付いてエアコンの効きが悪くなることもあります。こまめにお掃除をしてキレイにしておくことが大切です。

エアコン内部のカビは専門業者への依頼がオススメ

エアコンの吹き出し口部分のカビ除去はご家庭でできることが分かりましたが、その他の場所はどうすれば良いのでしょうか? ドレンパンやファンはエアコンの内部にあるため、それらをお掃除する際はエアコンを分解しなければなりません。

分解は専門の知識がある人でなくては難しく、素人判断で行うと思わぬ事故や故障の原因になってしまいます。さらに、ドレンパンやファンに付着したカビは吹き出し口にできたものより深刻で、再発生を防ぐためにも徹底的な洗浄が必要です。カビの取り方も布で拭くのではなく、高圧洗浄機を用いた大掛かりなものになります。

そのため、ドレンパンやファンも含めたエアコン掃除は、エアコンのカビの落とし方を熟知した専門業者に依頼することをオススメします。エアコンの内部までお掃除すると真っ黒な汚水が大量に流れ出てきますが、専門業者は部屋が汚れないようにしっかりと汚水対策も行ってくれるので安心です。

エアコンを使って部屋の温度が快適になっても、室内にカビが飛び交っていたのでは気持ち良い環境とは言えません。正しくエアコンをお掃除することで目に見えない部分までキレイにして、快適な生活を送りましょう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

お掃除のプロが徹底的に分解洗浄!

おそうじ本舗ならプロの技術と専用機材による分解洗浄で、ご家庭ではできないエアコン内部のアルミフィンやフィルターをすみずみまでクリーニングいたします。エアコン内部の見えない汚れやニオイが気になる方は是非一度ご相談ください。
ガイドプロフィール
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド
ハウスクリーニング商品開発 尾崎真(おざき まこと)
ガイド紹介
おそうじ本舗の商品​・​サービス開発​責任者​で、国家資格ハウスクリーニング技能士​。​おそうじ本舗チェーン一の情報通で、毎年お掃除に関する多くの取材や講習をこなす。現在、「お掃除のプロ」として、様々なテレビ情報番組に出演中。
専門分野
ハウスクリーニング全般。専門家としての技術や知識を活かしつつ、「誰でもラクしてキレイに」をモットーに、家にあるモノでできる簡単なコツに落とし込んで紹介しています。

新着記事一覧

  • 電子レンジの汚れを重曹と食品用ラップで落とす掃除方法
    毎日のように使う電子レンジは、普段ドアを閉めているので内部の汚れに目が届きにくく、お掃除を後回しにする人も多いのではないでしょうか? いつも使うものだからこそ、安心してキレイに使いたいですよね。そこで、重曹や食品ラップなど、身近なもので電子レンジの頑固な汚れを簡単に落とす掃除方法をご紹介いたします。
  • 面倒な洗濯機掃除が簡単に! 汚れがごっそり取れる洗い方のコツ
    汚れた洗濯物をキレイにする洗濯機は、中を覗くと一見キレイに見えますが、洗濯槽の裏側に汚れがビッシリ付いている場合があります。そこで、実は汚れやすい洗濯機を簡単にお掃除できる方法をご紹介いたします。
  • 速攻キレイ♪ 窓のサッシ・網戸掃除に役立つ意外なアイテムとは?
    窓のサッシや網戸のお掃除は、汚れが溜まっていると知っていても後回しにしがちです。普段、窓はキレイに拭いていても、サッシや網戸が汚れたままだと、窓まわりが美しく見えません。サッシや網戸のお掃除は一見面倒に思えますが、プロの技を応用すれば身近なアイテムで素早くキレイにすることができます。
  • ハウスクリーニングのプロが教える年末大掃除のコツ~換気扇編~
    年末の大掃除はいつも面倒ですが、特に大変なのは換気扇のお掃除ではないでしょうか。油汚れでベタベタの換気扇で年を越すのは嫌ですよね。そこで、ご家庭で換気扇をお掃除する場合のとっておきのアドバイスをご紹介いたします。
  • フローリングの美観が長持ち! ワックスがけのコツとメリット
    フローリングは、掃除機やフロアワイパーなどで簡単にお掃除することができ、住宅の床材として広く使用されています。でも、年数が経つにつれていつの間にか輝きを失い、くすんでしまったことはありませんか? そこで、フローリングの輝きを取り戻すワックスがけの方法や、メンテナンス方法をご紹介いたします。
  • 重曹を使って簡単キレイ! レンジフード・換気扇のお掃除
    レンジフード・換気扇の汚れは、頑固なうえにパーツも分かれていてお掃除が難しそう……とクリーニングを諦めていませんか? しかし、汚れが溜まったレンジフードは不衛生というだけでなく、様々な危険が潜んでいるのです。そこで、分解せずにご家庭で誰でも簡単にお掃除できる方法をご紹介いたします。
  • コンロの油汚れが激落ち! アルカリ電解水を使ったお掃除の方法
    毎日のように使うキッチンのコンロ。油や調味料、吹きこぼれなど、気が付けばすぐに汚れてしまいますよね。「黒くて目立たないから別にいいか……」と思って、五徳に付いた油汚れなどをついつい放っていませんか? そこで、コンロと周りの壁を簡単にお掃除する方法をご紹介いたします。
  • 電気ポットの汚れ・水アカをスッキリ落とすお掃除アイテム3選
    いつでもすぐにお湯を沸かして保温ができる電気ポットは、日々の生活で役立つ便利な家電です。でも、水しか使わないはずなのに、使っているうちに汚れてしまいます。ポットから出るお湯をキレイにしておくためにも、常に清潔な状態を保ちたいですよね。そこで、ご家庭で簡単にできるポットのメンテナンス方法をご紹介いたします。
  • 自分で簡単にできるエアコンクリーニングとフィルター掃除の方法
    自分ができる範囲でエアコンの掃除をしてみたい! そんな方のために、プロのノウハウを踏まえたご家庭で簡単にできるエアコンのお掃除方法をご紹介いたします。エアコンは夏は冷房、冬は暖房と1年を通して何かと出番が多い家電です。定期的にお掃除することを心がけて、キレイな状態を保ちましょう!
  • お風呂の排水口は重曹とクエン酸を使って5分でスッキリお掃除
    お風呂掃除でできるなら避けて通りたい箇所といえば、排水口ではないでしょうか? 少しお掃除をサボったために、詰まって水が流れなくなるということもあります。排水口が詰まると、カビや雑菌が繁殖するなど、浴室のお掃除がさらに大変になってしまうという悪循環に……。排水口をキレイにお掃除して快適なバスライフを過ごしましょう。

目的別ガイド記事

キレイにしたい場所や目的別のガイド記事一覧です。

ガイド紹介
  • ハウスクリーニング商品開発
    尾崎真(おざき まこと)
  • 家事代行サービス技術アドバイザー
    永井美鈴(ながい みすず)
  • 暮らしのガイド
  • おそうじ本舗の節電プログラム
  • 節電&省エネ対策
  • お掃除百科事典
  • ご利用前に動画でチェック
  • ハウスクリーニングギフトカード
  • おそうじ体操
  • おそうじ本舗チャンネル
  • フランチャイズ加盟店募集
  • 法人のお客様へ
お見積りカートに進む 0