年末大掃除のコツ | ハウスクリーニングのおそうじ本舗

年末大掃除のコツ

忙しい年末でもやっておきたい大掃除は、手短に済ませたいですよね? 日頃はお掃除しない場所をキレイにしたいと思うものの、どうやって落とせばいいか分からない頑固な汚れや、お掃除したい場所がありすぎて中途半端に終わってしまう方も多いはず。

そこで、1年の間に溜まった汚れを楽しみながら落とす大掃除のコツを、お掃除のプロが教えます。共働きや小さなお子様のいるご家庭でも簡単にできる大掃除のポイントをご紹介いたします。今年の汚れをキレイに落として、新年を気持ち良く迎えましょう!

大掃除の段取りと時間短縮のポイント

プランを立てる 事前に道具を準備 時間を決めてやるプランを立てる 事前に道具を準備 時間を決めてやる

プランを立てる

大掃除が成功するか失敗するかは、段取りで決まります。まずはしっかりプランを立て、分担できる場合は各自の作業を割り振ることで、楽しく素早く終わらせましょう!

事前に道具や洗剤を準備する

お掃除の途中で足りない道具や洗剤を買いに行くと、予定通りに進まず、汚れを落としきれない箇所やお掃除できない場所が出てくる可能性があります。始める前に大掃除で使う道具や洗剤をチェックして揃えておきましょう。

時間を設定する

家全体をキレイにする大掃除は、1箇所に多くの時間を割いていると、終わらなくなってしまいます。捨てるかどうかで悩んだり、懐かしいものを見つけて思いのほか時間が経ってしまうことも……。そのため、お掃除する箇所をきちんと把握し、1箇所にかける時間を設定しておきましょう。

プランのポイントは場所と担当箇所

家族で行う大掃除のプラン例家族で行う大掃除のプラン例

お掃除する場所を決める

大掃除をする範囲が広すぎて「どこから手をつけていいか分からない!」という方も多いのではないでしょうか。まずは、お掃除する場所を考えて整理しましょう。

分担できる場合は担当箇所を決める

家族で分担する場合、照明器具や浴室など高いところや力のいるところは、お父さんにお願いするのがオススメです。お子様はキレイになったことが実感できる場所や、道具を使って楽しくお掃除できる場所を任せましょう。お父さんと一緒にガラス拭きや床のモップがけなどをやってもらうのも良いかもしれません。

また、お母さんはキッチンやトイレなどの水まわりを担当するなど、相談しながら決めていきましょう。

終わった後のご褒美を決める

大掃除が終わったら「美味しい物を食べに行く」「買い物に行く」など、楽しめるご褒美を決めておくと、やる気がアップします。いつもより長い時間お掃除をするので、モチベーションを維持させる工夫をして、楽しく大掃除を行いましょう。

洗う・拭く・擦る。手順を覚えて素早くお掃除

お掃除は、「上から下へ」「奥から手前へ」の順序で行っていくと、効率良く進められます。せっかく床をキレイにしたのに、棚からホコリが落ちてきてやり直し……なんてことありませんか? 具体的には、天井→棚やテーブル→床の順番です。

家全体では、室内の奥の寝室など、閉鎖された場所からリビング→玄関とオープンな場所への順番でお掃除すると、最後に残ったホコリが行き場に困らずに済みます。

効率の良い食器の洗い方 お風呂などの頑固な汚れの洗い方 カーテンの洗い方のコツ効率の良い食器の洗い方 お風呂などの頑固な汚れの洗い方 カーテンの洗い方のコツ

洗う

効率の良い食器の洗い方

水に浸ける前に油汚れを新聞紙やキッチンペーパーなどで拭いておきましょう。油汚れの無いものから洗った後、油汚れのあるものを洗うと効率が良く、洗剤も少なくて済みます。

浴室の湯アカなど頑固な汚れの洗い方

キッチンペーパーを湿布状にすると、汚れを効果的に落とせます。まず、汚れにキッチンペーパーをあてて洗剤を吹き付け、湿布状にします。5~10分置いた後、剥がしながら擦り洗いをすると、汚れが落ちやすくなります。油の混ざったホコリが落ちにくい照明の傘や換気扇のレンジフードなどにもオススメです。

汚れたカーテンの洗い方

カーテンは、天気の良い日に洗いましょう。屏風のようにたたみ、大きめのネットに入れて洗濯機の「手洗いコース」で洗いましょう。脱水後すぐに洗濯機から取り出し、そのままカーテンレールにかけて、形を整えて干します。カーテンレールや窓ガラスは、カーテンを洗っている間にキレイにしておきましょう。

拭く

拭き掃除の手順は、洗剤拭き→水拭き→乾拭きが基本です。水拭きのコツは、布を固く絞ってから使うこと。汚れが落ちやすく、拭き跡が残りにくくなります。

擦る

ステンレス製のシンクなどを擦るときは、ステンレスの目に沿って擦るのがコツです。ステンレスの目は横に入っていることが多いので、左右に擦って洗いましょう。また、浴室をお掃除する場合は、残り湯が温かいうちに汚れを擦った後、お湯で落としてすすぎ洗いをすると、洗剤を使わなくてもキレイになります。

知っておきたい汚れの性質

基本的に、軽い汚れは中性洗剤で十分落とせます。ただ、手強い汚れにはその汚れに合った性質の洗剤を使うと効果的です。

油分による汚れ(酸性)

酸性の汚れ酸性の汚れ

油分や手アカ、アルコールなどによる汚れは、酸性です。そのため、キレイに落とすにはアルカリ性洗剤や重曹などが効果的です。

水アカによる汚れ(アルカリ性)

アルカリ性の汚れアルカリ性の汚れ

水アカや便器の黄ばみなどは、アルカリ性の汚れです。酸性の洗剤やクエン酸(お酢)などを使うと、効果的に落とせます。

ホコリによる汚れ

その他の汚れは、ホコリによるものが多いです。ホコリの中には、屋外から飛んでくる「土ホコリ」と家の中の布団やカーテン、衣類などから出る「綿ホコリ」の2種類があります。どちらに対しても、乾いた汚れは濡らさず乾いたまま取り除くのが基本です。

汚れの性質に合った身近な掃除道具

家の中の汚れは、洗剤だけでなく身近なものでもキレイに落とすことができます。重曹やお酢など、経済的で身体に安心な素材を使ったお掃除方法をご紹介いたします。

重曹を使ったお掃除
お酢を使ったお掃除
新聞紙を使ったお掃除
炭酸水を使ったお掃除
エタノールを使ったお掃除
合成洗剤を使わないから安心ね!

困ったときはハウスクリーニングのプロにお任せ!

面倒で触りたくない頑固な汚れなどは、ハウスクリーニングのプロに依頼するのも1つの方法です。業者に頼むことで余裕が生まれ、他のことに時間を割けます。また、1人ではお掃除できない場所や高くて手の届かない箇所も、素早く徹底的に汚れを落としてキレイにします。

家

水まわり

エアコン

お部屋まわり

キッチンまわり

在宅まるごとクリーニング

大掃除に役立つ関連記事

年末大掃除の早割キャンペーン!

年末大掃除の早割キャンペーン!

お見積りカートに進む 0